グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 部門紹介  > 栄養科

部門紹介

栄養科

真心のこもった食事をご提供

・真心のこもった食事を提供し、治療の効果と満足度の向上を目指します。
・衛生管理を徹底し、食事の質と、安全を確保します。
・各部署と連携して食事のサポートを行います。

入院中のお食事について

入院中のお食事は治療の一環として提供されるべきものとしての位置づけがあります。
それぞれの患者様の栄養状態、病状を把握し、必要とする栄養量の提供を行っております。
個々の症状に合わせた調理形態(一口大 きざみ 極きざみ ミキサーなど)、嗜好による禁止食や、アレルギーにも出来る限り対応しております。
又、食欲の低下している方には、ベッドサイドへ伺い、食事内容の相談等も随時実施しています。

食事環境の充実

病棟の患者様の食事は、ご希望や状態によりディールームにご用意致しております。
温冷配膳車の導入により、温かいものは温かく、冷たいものは冷たく召し上がれるよう配慮しています。
定期的に嗜好調査を行い、その結果をもとに、献立の改善を図っています。

行事食

ひな祭り

月に1回程度、季節の食材を使用した行事食を行っております。

七夕

入院栄養指導・外来栄養指導

食事療法を必要としている患者様に対し、管理栄養士による個別の栄養指導を実施しています。
個々の生活スタイルにあった食事改善の提案や、退院後の食に対する不安の解消に努めております。