グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 部門紹介  > 内視鏡センター

部門紹介

内視鏡センター

当院では患者さんにやさしい内視鏡を心がけています

胃がん・大腸がんといった消化器疾患は日本人の死亡原因の上位を占めています。
そのような重大な病気も早期に発見すれば治癒できる可能性が高いため、いかに早期発見・早期治療を行うかが非常に重要です。内視鏡検査はつらい、怖いといったイメージを持っている方が多いと思いますが、当院では様々な工夫を重ね、安全性を確保した上で検査時の苦痛を最小限にし、できるだけ楽に検査を受けていただけるよう心がけております。


鎮静剤を使用した検査

希望される方に対しては点滴を行いながら鎮静剤の注射をしてから検査を行います。意識はあっても浅く眠った状態から、ほぼ寝てしまっている状態(深い鎮静)まで、患者さんの希望にあわせ調節します。
検査後はしばらく回復室のベッドでお休み頂きます。

経鼻内視鏡も選択できます

従来の胃カメラ(10㎜ほど)に比べ、5㎜程度とかなり細い内視鏡を使用し、鼻から挿入することができます。喉の奥の吐き気を感じる場所を刺激しないため、検査中にオェッとなることが少なくなります。また、喉の違和感も少なく済みます。検査中の呼吸法を指導しながら、そばに立って背中をさするなど、なるべく楽に検査をうけていただけるようにスタッフ一同心がけております。

鎮静剤・鎮痛剤を使用しての検査

 この方法での検査をご希望の方には、事前に血液検査・心電図・胸部レントゲンの中から必要性の有る項目を受けていただき、検査医が、患者さまの状態を把握します。そのうえで一人一人にあった鎮静剤・鎮痛剤の量を選定し、血圧・心電図・酸素飽和度を測定しながら、充分な安全管理の下で検査を行っております。
患者さまは、眠った状態あるいは、楽な状態で検査を受けることが出来ます。